WORKSHOP

科学と芸術の丘2021では、最新の科学に触れるワークショップを開催します。

開催日時、申込方法などは9月中旬にご案内いたします。

松雲亭、戸定が丘歴史公園にて開催

Future Matters
蒔野真彩(アルスエレクトロニカ 文化プロデューサー研修生)

easel クリエイティブコーディング・ワークショップ
田所淳(クリエイティブ・コーダー)

科学と芸術の丘探検隊2021
千葉大学大学院園芸学研究院 応用昆虫学研究室

Future Matters

この授業の目的は、日常のシンプルな素材を振り返ることで、その素材の耐久性や何千年にもわたる研究の歴史に着目することです。そうすることで、これまで発明・研究・開発されてきた素材 が、常に人間のニーズと密接に結びついていたことがわかります。ワークショップでは、最新の研究について学ぶレクチャーパートと実際に手を動かしてものづくりをする実技パートを通して、「 21 世 紀以降の人間に必要なものは何か?」「3D プリンターのような新しい生産技術が、新素材や『ス マート』な素材の開発にどのような影響を与えるのか?」といった問いについて考えます。

Every era has its material! While plastic was celebrated as the miracle product par excellence in the 1960s, today we are researching intelligent (artificial) materials. We dream of materials that recognize our needs and independently adapt to changing situations and circumstances. In this workshop, where fun and creative experimentation with programmable materials as well as discourse and reflection on materials of the future are on the agenda, the pupils become material researchers and inventors. The workshop includes a theoretical part as well as a practical hands-on part. The connecting element of both parts is a joint discussion and reflection of the contents, paired with illustrative and supporting examples (videos, visuals, mentimeters).

蒔野真彩
Maaya Makino

令和3年度文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業 キュレーター等海外派遣プログラム 採択者。2021 年 5 月から、オーストリア・リンツ市にある文化機関アルスエレクトロニカで文化プロデューサーとして研修を受ける。東京大学多文化共生・統合人間学コース博士課程在 学。以前は、キングコング⻄野亮廣氏のもとで『えんとつ町のプペル』の VR の制作に携わった。
まちづくりとアートを研究テーマに、アートが既存の枠を超えて、エンタメやビジネス、教育などさまざまな分野とコラボレーションできる可能性について探っている。

The Program adopts her for Next Cultural Producer Incubation Project by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan. Since May 2021, she is doing an internship at the Ars Electronica, the cultural institution in Linz city, Austria. Ph.D. student of Integrated Human Sciences Program for Cultural Diversity at The University of Tokyo. Last year, she did an internship at the entertainment company of Akihiro Nishino and produced the Virtual reality content of “Poupelle of Chimney Town.” Her main research topic is creative city planning and art activities. She aims to envision arts across fields such as science, education, and business, and create new cultures and frameworks without being bound by existing concepts.

easel
クリエイティブコーディング・ワークショップ

easelは、プログラミングの学習に「アート」(創造性)の要素を取り入れた全く新しい教育ソフトです。スマートフォンでさまざまな視覚的な表現(イメージ、アニメーション、インタラクション)を制作しながら、プログラミングをいつでも手軽に学ぶことができます。このワークショップでは、スマートフォンを使用して創造的なプログラミング「クリエイティブコーディング」の世界を実際に作品を創作しながら体験します。

“easel” is an entirely new educational software that incorporates the element of “art” (creativity) into programming learning. You can quickly learn programming at any time while creating various visual representations (images, animations, interactions) with your smartphone. In this workshop, you will experience the world of “creative coding,” which is creative programming using a smartphone while actually creating your own work.

田所淳
Atsushi Tadokoro

クリエイティブ・コーダー / 前橋工科大学 准教授 / 東京藝術大学非常勤講師 / 慶應義塾大学非常勤講師。アルゴリズムを用いた音響合成による音楽作品の創作、ラップトップ コンピュータを用いた音と映像による即興演奏などを行う。大学では、openFrameworks、Processing などの「クリエイティブ・コーディング」についての講義を行う。講義資料は Web サイト(https://yoppa.org/) で公開、多くの学生やクリエイターに活用されている。著書に『Beyond Interaction[ 改訂第3版] – クリエイティブ・コーディングのためのopenFrameworks実践ガイド』BNN新社 2020、など。

Creative Coder / Associate Professor at Maebashi Institute of Technology / Part-time Lecturer at Tokyo University of the Arts / Part-time Lecturer at Keio University. Born in 1972. He creates musical works by synthesizing sounds using algorithms and improvises with sounds and images using laptop computers. At university, he lectures on “creative coding” such as openFrameworks, Processing, and p5.js. His lecture materials are available on the website (https://yoppa.org/) and are used by many students and creators. He is the author of “Beyond Interaction – A Practical Guide to openFrameworks for Creative Coding”, BNN 2020.

科学と芸術の丘探検隊2021
Science and Art Hill Expedition 2021
Let’s observe insects and plants at the Tojo Residence.

昆虫学研究室の先生や学生と一緒に科学と芸術の丘の庭園を見て回って、植物や潜んでいる昆虫たちを探して、スケッチしてみよう。きっと新しい発見があるに違いない!?

Explore and find the insects and plants that lurk in the hills of science and art with the experts!

千葉大学大学院園芸学研究院
応用昆虫学研究室

昆虫やダニ類の生態や行動を調べる基礎的な研究と、それらを応用して農業害虫防除に役立てる研究を行っています。基礎研究というのは、害虫や天敵類の生活史や行動、植物と昆虫、捕食者と被食者の食う食われる関係、害虫や天敵の分子系統解析、昆虫の共生微生物を詳細に調べ、明らかにする研究です。また応用研究とは、殺虫剤などの農薬だけに頼るのではなく、天敵類や光などを用いた環境に優しい害虫防除を実践するための研究です。
全国の昆虫学研究室では、応用的な視野を持たず、基礎研究だけに携わるところが多くなっていますが、本研究室は、「現場重視」で害虫防除に携わる研究室として、その地位を確立しています。

The Laboratory of Applied Entomology was established in 1951 at the Matsudo Campus of Chiba University. Since then a large number of national and foreign students were not only awarded academic degrees from this laboratory but also provided high skills and professional trainings needed in the area of Applied Entomology. Most of the research emphasis is given to the beneficial insects (e.g. natural enemies) as well as insect and mite pest species that inhabit horticultural crops. We conduct research on the life history and various behaviors of insects and mites species. Research has also been conducted on the predator-prey relationships between insects and mites. And we also conduct molecular phylogenetic analyses and intra-species variation analyses of insects using mitochondrial and nuclear DNA.
The laboratory is equipped with modern research equipment and instruments needed for the conduction of research in the area of Fundamental and Applied Entomology. Besides, it has a small field area and greenhouses facility for cultivation of horticultural crops.