TALK

科学と芸術の丘2021では、最新の科学と芸術に触れるトークを行います。

トークはすべてオンラインにて配信いたします。

10月16日(土)

11:00-11:30
オープニングトーク
本郷谷健次(松戸市長)
清水陽子(アルスエレクロトニカ・フューチャーラボ リサーチャー、アーティスト)
関口智子(科学と芸術の丘 ディレクター)

13:00-13:45
アーティストトーク
AKI INOMATA

14:15-15:00
アーティストトーク
Simon Weckert

15:30-16:15
アーティストトーク
The Remixers

10月17日(日)

10:00-10:45
アーティストトーク
松永行子

11:00-11:45
アーティストトーク
木原共

13:00-13:45 ※事前予約制
メディアアート概論
久納鏡子(アルスエレクトロニカ・アンバサダー)

14:00-14:45
触発を促すテクノロジーとアート
斎藤直宏(東京国際工科専門職大学 工科学部 デジタルエンタテインメント学科 学科長/教授)
久納鏡子(アルスエレクトロニカ・アンバサダー)

オープニングトーク

日時:10月16日(土)11:00-11:30
視聴方法:YouTubeにて配信いたします。
※事前にお申込みいただく必要はありません

本郷谷健次
Kenji Hongoya

松戸市長。昭和23年日生まれ。東京大学経済学部卒業後、新日本製鐵株式会社に入社。その後、中央青山監査法人、監査法人トーマツにてコンサルタント業務を経て、平成18年11月から松戸市議会議員を務める。平成22年7月から松戸市長に就任。

清水陽子
Yoko Shimizu

アルスエレクトロニカ・フューチャーラボの研究員でアーティスト。生物学と化学のバックグラウンドを持つ。企業のクリエイティブディレクター及びコンサルタントとしてキャリアをスタートし、その後に自身のラボを立ち上げ、科学と芸術を融合した革新的な技術やインスタレーションを開発し、世界中の企業、行政機関、ミュージアム、大学と協業。クリエイティブな街づくりや都市開発のプロジェクトにもディレクターやアドバイザーとして参画。国際イベント、会議、教育機関での講演も行う。

関口智子
Tomoko Sekiguchi

科学と芸術の丘2021を運営する0!で2020年よりディレクターを務める。前職ではサイトやWebコンテンツ等のディレクターとしてプロジェクトマネジメントの経験を積んだ後、表現をする人を応援したいというモチベーションから独立。omusubi不動産 企画広報チーム・マネージャーとして参画。omusubiではジャズ担当。

基調講演 メディアアート概論 Role of Media Art

メディア・アートとはどのようなアート分野でしょうか。
コンピュータをはじめとするテクノロジーやデジタル・メディアを駆使した先端的なアートとして知られていますが、類似の表現はデザイン・製品・サービス・エンターテインメントといった私たちの日常でも多く見られる、私たちの生活に近いところにあるアートの1ジャンルかもしれません。
レクチャーではメディア・アートのオーバービューと、未来のヴィジョンやイノヴェーションにつながるアーティストの思考と実践を紹介します。

日時:10月17日(日)13:00-13:45
視聴方法:peatixよりお申し込みください。

※YouTubeにて配信いたします
※お申込みいただいた方に、視聴用のURLをお送りいたします
※当日、科学と芸術の丘会場ではご覧いただけません
※当配信のアーカイブは予定しておりません
※当配信の録画、撮影、記録などはご遠慮いただいております

What type of art is media art?
It is known as an advanced art form that uses cutting-edge technologies such as computers and digital media, but similar expressions can also be found in our daily lives in design, products, services and entertainment. It may be one genre of art that is close to our lives.
This lecture give an overview of media art and introduce artists’ thoughts and practices that can lead to future visions and innovations.

久納鏡子
Kyoko Kunoh

アルスエレクトロニカ・アンバサダー。アーティスト、キー・リサーチャーとして、Ars Electronica Futurelabの研究プロジェクトに携わる。
これまでインタラクティブアート分野における作品を手がける一方、公共空間、商業スペースやイベント等での空間演出や展示造形、大学や企業との共同技術開発など幅広く活動している。
作品はポンピドゥセンター(フランス)、SIGGRAPH(アメリカ)、文化庁メディア芸術祭など国内外で発表。東京都写真美術館(日本)に所蔵。

Ambassador of Ars Electronica. As an artist and a  key researcher, she involve research projects of Ars Electronica Futurelab.
She has created extensively on art works in the interactive art field, and has been active in a wide range of fields such as directing in the public and commercial space, design of exhibit products, and joint project with companies and universities. Her projects have been featured in many different locations both domestically and internationally including Ars Electronica (Austria), SIGGRAPH (USA), Centre Pompidou (France) and Japan Media Arts Festival (Japan).

トークセッション
触発を促すテクノロジーとアート

日時:10月17日(日)14:00-14:45
視聴方法:YouTubeにて配信いたします。
※事前にお申込みいただく必要はありません

斎藤直宏
Naohiro Saito

1985年、株式会社ジャパンコンピュータグラフィックス・ラボ(JCGL)へ入社し、CG制作システムの研究開発・保守運営に従事。株式会社ナムコ(現・株式会社バンダイナムコスタジオ)に移り、CG映像・大型アミューズメント、業務用・家庭用ゲームにおける研究開発やバンクーバースタジオの立ち上げ等を担当。コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス(CEDEC)運営委員長、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)技術委員会人材育成部会 部会長を歴任し、広くクリエイター育成を手がけている。
現在、東京国際工科専門職大学 工科学部 デジタルエンタテインメント学科 学科長/教授

In 1985, he joined Japan Computer Graphics Laboratory (JCGL), where he was engaged in research, development, and maintenance of CG production systems.
1988, He moved to Namco Ltd.(now Bandai Namco Studios Inc.), where he was in charge of research and development in CG imaging, large-scale amusement, and arcade/home video games, as well as the launch of the Vancouver studio. He has been involved in a wide range of creator training, including serving as chairman of the Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC) Steering Committee and chairman of the Human Resource Development Subcommittee of the Technology Committee of the Computer Entertainment Supplier’s Association (CESA).
Currently, International Professional University of Technology in Tokyo, Department of Digital Entertainment, Department Chair/Professor

久納鏡子
Kyoko Kunoh

アルスエレクトロニカ・アンバサダー。アーティスト、キー・リサーチャーとして、Ars Electronica Futurelabの研究プロジェクトに携わる。

これまでインタラクティブアート分野における作品を手がける一方、公共空間、商業スペースやイベント等での空間演出や展示造形、大学や企業との共同技術開発など幅広く活動している。
作品はポンピドゥセンター(フランス)、SIGGRAPH(アメリカ)、文化庁メディア芸術祭など国内外で発表。東京都写真美術館(日本)に所蔵。

Ambassador of Ars Electronica. As an artist and a  key researcher, she involve research projects of Ars Electronica Futurelab.
She has created extensively on art works in the interactive art field, and has been active in a wide range of fields such as directing in the public and commercial space, design of exhibit products, and joint project with companies and universities. Her projects have been featured in many different locations both domestically and internationally including Ars Electronica (Austria), SIGGRAPH (USA), Centre Pompidou (France) and Japan Media Arts Festival (Japan).

アーティストトーク
ARTIST TALK
The Remixers

日時:10月16日(日)15:30-16:15
視聴方法:YouTubeにて配信いたします。
※事前にお申込みいただく必要はありません

Photo:Fab Lab Barcelona

The Remixers

EUのSISCODEプロジェクトのパイロット版として、バルセロナのファブラボで誕生したグループ。共創(co-creation)とオープンナレッジの価値を体験しながら、サステナビリティ、協同組合主義、共有インフラ、循環型グローカリズムといった価値を大切にする人々でグループを結成。地元の食品廃棄物とバイオファブリケーションを実験するためのスペースを設立しようとしている。さらには、それらをローカルなサービスに結びつけ、地域の循環性を高めながら、オープンで革新的な産業とのコラボレーションによってそれらをスケールアップさせていくことを目指す。Arleny Medina、Clara Davis、Dihue Miguens、Elisenda Jaquemot、Giorgia Filipellini、Joseán Vilar、Lara Campos、Laura Freixas、Nuria Bonet Roca、Secil Asfar、Silvana Catazine、Susana Jurado Gavino、そしてポブレノウとバルセロナの地元エージェントで構成される。

The Remixers collective has emerged as a group incubated in Fab Lab Barcelona within the SISCODE EU project pilot. They experience the value of co-creation and open knowledge and formed a group of like-minded individuals who defend sustainability, cooperativism, shared infrastructures, and circular glocalism. They wish to further collaborate in establishing a space to experiment with local food waste and biofabrication with a goal to connect with local services, activate circularity, and scale up by collaborating with open-minded and visionary industries. The Remixers is formed by Arleny Medina, Clara Davis, Dihue Miguens, Elisenda Jaquemot, Giorgia Filipellini, Joseán Vilar, Lara Campos, Laura Freixas, Nuria Bonet Roca, Secil Asfar, Silvana Catazine, Susana Jurado Gavino and local agents from Poblenou and Barcelona.

アーティストトーク
ARTIST TALK
Simon Weckert

日時:10月16日(日)14:15-15:00
視聴方法:YouTubeにて配信いたします。
※事前にお申込みいただく必要はありません

Simon Weckert

ジェネレーティブ・デザインからフィジカル・コンピューティングまで、幅広い分野の知識を持つ。デジタルワールドに関心を持ち、コードやエレクトロニクスに関するあらゆるテーマに焦点を当てる。作品はテクノロジーを重視した実験的なものから現在の社会的問題を議論するものまで、さまざま社会の側面を反映する。実用性ではなく、未来を創出するものという視点からテクノロジーの価値を見出し、複雑な問題を身近にする技術的システム、インスタレーション、ハイブリッドなオブジェクトなどを生みだす。

Simon Weckert likes to share knowledge on a wide range of fields from generative design to physical computing. His focus is the digital world – including everything related to code and electronics under the reflection on current social aspects,ranging from technology oriented examinations to the discussion of current social issues.He seeks to assess the value of technology,not in terms of actual utility,but from the perspective of future generations.The outcomes are technological systems,installations and hybrid objects that strive to make complicated issues accessible.

アーティストトーク
ARTIST TALK
木原共

日時:10月17日(日)11:00-11:45
視聴方法:YouTubeにて配信いたします。
※事前にお申込みいただく必要はありません
トーク配信後、12:10より木原さんによるワークショップを開催します(事前申込制)

木原共
TOMO KIHARA

アムステルダムと東京を拠点に活動するインタラクションデザイナー/アーティスト。社会とテクノロジーと人間のより良い関係性を模索するメディアの研究と開発を「遊び」の観点から行う。オランダのデルフト工科大学院のインタラクションデザイン科を修了後、アムステルダムに拠点を置く公的な研究機関Waagに参加。その後はモジラ財団や欧州委員会などの国内外の組織と複数のデザインプロジェクトを手がけている。主な展示にレッド・ドットデザインミュージアムでのソーシャルデザイン展(2020)などがある。

Tomo Kihara is an interaction designer and artist based in Amsterdam and Tokyo. He researches and develops interactive media that explores the relationship between society and technology through play. After completing MSc in interaction design from TU Delft(NL), he joined Waag, a public research institution based in Amsterdam. Since then, he has collaborated on several design projects with international organisations such as the Mozilla Foundation and the EU commission. His major exhibitions include the Social Design Exhibition at the Red Dot Design Museum (2020).

アーティストトーク
ARTIST TALK
AKI INOMATA

日時:10月16日(土)13:00-13:45
視聴方法:YouTubeにて配信いたします。
※事前にお申込みいただく必要はありません

AKI INOMATA

アーティスト。1983年生まれ。2008年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。東京都在住。2017年アジアン・カルチュアル・カウンシルのグランティとして渡米。生きものとの関わりから生まれるもの、あるいはその関係性を提示している。
ナント美術館(ナント)、十和田市現代美術館(青森)、北九州市立美術館(福岡)での個展のほか、2018年「タイビエンナーレ」(クラビ)、2019年「第22回ミラノ・トリエンナーレ」トリエンナーレデザイン美術館(ミラノ)、2021年「Broken Nature」MoMA(ニューヨーク)など国内外で展示。2020年「AKI INOMATA: Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」(美術出版社)を刊行。

AKI INOMATA was born in 1983 and currently lives and works in Tokyo, Japan. Focusing on how the act of creation is not exclusive to mankind, she develops co-creation with non-human species. Her major artworks include “Why Not Hand Over a ‘Shelter’ to Hermit Crabs?”, in which she created city-like shells for hermit crabs, and “I Wear the Dog’s Hair, and the Dog Wears My Hair”, in which the artist and her dog wear capes made out of each other’s respective hair. Solo exhibitions include: Towada Art Center, Aomori, Japan (2019); Kitakyushu Municipal Museum of Art, Fukuoka, Japan (2019); and Musee de Nantes, France (2018). Major group shows include: Broken Nature at MoMA, NYC(2021); The XXII Triennale di Milano” La Triennale di Milano (2019); and Thailand Biennale 2018″ Krabi, Thailand (2018).

アーティストトーク
ARTIST TALK
松永行子

日時:10月17日(日)10:00-10:45
視聴方法:YouTubeにて配信いたします。
※事前にお申込みいただく必要はありません

松永行子
Yukiko MATSUNAGA

東京大学生産技術研究所 准教授 / バイオエンジニアリング。医学と工学を融合した血管組織工学研究を行う。平成30年度文部科学大臣表彰若手科学者賞。東京大学生産技術研究所DLX Design Lab、ベツァルエル美術デザインアカデミーとともに Attune「血管の音色」2019を発表。

Associate Professor, Institute of Industrial Science, The University of Tokyo / Bioengineering: Vascular tissue engineering research / The Young Scientists Prize from MEXT, Japan (2018) / Attune (2019) collaboration with DLX Design Lab and Bezalel Academy of Arts and Design, Jerusalem