EXHIBITION

世界的なメディアアートの文化機関、アルスエレクトロニカとともにキュレーションした、国内外のアーティストによる作品展示を行います。作品は戸定邸の各所にてご覧いただけます。

・入館の際、戸定邸の入館料が必要となります。
・安全にご覧いただるよう、入場制限をさせていただくことがございます。

Ars Electronica Selection

“Remix El Barrio”, Food waste biomaterials design
Photo:Fab Lab Barcelona

ネオクラフトマンシップに基づき、食品廃棄物を用いた新しい実践を押しすすめるために生まれた展覧会。様々なデザイナーがバイオマテリアル・デザインについて学び、職人技やデジタルファブリケーションの技術を用いて、食品廃棄物から生み出される新しいデザインの可能性を探っている。オリーブの実やアボカド、コーヒーの皮、野菜や果物の皮、レストランの廃棄物などを使って新しい素材を開発するだけでなく、展覧会の枠組みを越え、地元の関係者とのコラボレーション、包括性、自己管理、知識のシェアなどを模索するコレクティブとしても活動する。

“Remix El Barrio”, Food waste biomaterials design, is an exhibition that was born with the ambition of proposing a learning place to promote and enable new practices based on neo-craftsmanship with food waste. The exhibition is the result of a pilot program where various designers learn about biomaterial design and explore projects with food scraps using artisanal techniques and digital fabrication.

Beyond the exhibition, Remix has transformed into a collective that experiences circularity, not only creating materials with olive pits and avocados, coffee peels, vegetable and fruit skins or restaurant waste, but also exploring collaboration, inclusivity, self-management towards shared knowledge with local actors

Photo:Fab Lab Barcelona

The Remixers

EUのSISCODEプロジェクトのパイロット版として、バルセロナのファブラボで誕生したグループ。共創(co-creation)とオープンナレッジの価値を体験しながら、サステナビリティ、協同組合主義、共有インフラ、循環型グローカリズムといった価値を大切にする人々でグループを結成。地元の食品廃棄物とバイオファブリケーションを実験するためのスペースを設立しようとしている。さらには、それらをローカルなサービスに結びつけ、地域の循環性を高めながら、オープンで革新的な産業とのコラボレーションによってそれらをスケールアップさせていくことを目指す。Arleny Medina、Clara Davis、Dihue Miguens、Elisenda Jaquemot、Giorgia Filipellini、Joseán Vilar、Lara Campos、Laura Freixas、Nuria Bonet Roca、Secil Asfar、Silvana Catazine、Susana Jurado Gavino、そしてポブレノウとバルセロナの地元エージェントで構成される。

The Remixers collective has emerged as a group incubated in Fab Lab Barcelona within the SISCODE EU project pilot. They experience the value of co-creation and open knowledge and formed a group of like-minded individuals who defend sustainability, cooperativism, shared infrastructures, and circular glocalism. They wish to further collaborate in establishing a space to experiment with local food waste and biofabrication with a goal to connect with local services, activate circularity, and scale up by collaborating with open-minded and visionary industries. The Remixers is formed by Arleny Medina, Clara Davis, Dihue Miguens, Elisenda Jaquemot, Giorgia Filipellini, Joseán Vilar, Lara Campos, Laura Freixas, Nuria Bonet Roca, Secil Asfar, Silvana Catazine, Susana Jurado Gavino and local agents from Poblenou and Barcelona.

Fab Lab Barcelona at IAAC

Institute for Advanced Architecture of Catalonia(IAAC)内にあるイノベーションセンター。Anastasia Pistofidou、Marion Real、Milena Juarez Calvo らが代表し、人々が都市で暮らし、働き、遊ぶ方法を見つめ直している。テクノロジーとデジタルファブリケーションを使って、誰もが簡単にものづくりができるようにするための教育、それに必要な知識や技術を提供する。また、人間の生活に関わるあらゆるスケールの問題に対して、教育・研究プログラムをサポートしている。さらには、Fab FoundationとMIT’s Center for Bits and AtomsとのコラボレーションによるFab Academyプログラムの世界的なコーディネーションの本部でもある。

Fab Lab Barcelona at IAAC represented by the project team Anastasia Pistofidou, Marion Real and Milena Juarez Calvo. Fab Lab Barcelona is an innovation center rethinking the way we live, work, and play in cities. Located at the Institute for Advanced Architecture of Catalonia (IAAC), it provides access to the tools, knowledge and means to educate, innovate and invent using technology and digital fabrication to allow anyone to make (almost) anything. The institution supports contemporary educational and research programs related to the multiple scales of the human habitat. Fab Lab Barcelona is also the headquarters of the global coordination of the Fab Academy program in collaboration with the Fab Foundation and the MIT’s Center for Bits and Atoms.

Ars Electronica Selection

Google Maps Hacks

99台の中古スマートフォンを手押し車で運び、Google Maps上に仮想の交通渋滞を発生させるプロジェクト。このアクションは、Google Maps上の緑色の道を赤色に変化させ、その結果、車が渋滞に巻き込まれないように別のルートに誘導し、物理的な世界に影響を与えることができる。
協力:文化庁メディア芸術祭

99 second hand smartphones are transported in a handcart to generate virtual traffic jam in Google Maps.Through this activity, it is possible to turn a green street red which has an impact in the physical world by navigating cars on another route to avoid being stuck in traffic.
Cooperation: Japan Media Arts Festival

Simon Weckert

ジェネレーティブ・デザインからフィジカル・コンピューティングまで、幅広い分野の知識を持つ。デジタルワールドに関心を持ち、コードやエレクトロニクスに関するあらゆるテーマに焦点を当てる。作品はテクノロジーを重視した実験的なものから現在の社会的問題を議論するものまで、さまざま社会の側面を反映する。実用性ではなく、未来を創出するものという視点からテクノロジーの価値を見出し、複雑な問題を身近にする技術的システム、インスタレーション、ハイブリッドなオブジェクトなどを生みだす。

Simon Weckert likes to share knowledge on a wide range of fields from generative design to physical computing. His focus is the digital world – including everything related to code and electronics under the reflection on current social aspects,ranging from technology oriented examinations to the discussion of current social issues.He seeks to assess the value of technology,not in terms of actual utility,but from the perspective of future generations.The outcomes are technological systems,installations and hybrid objects that strive to make complicated issues accessible.

Ars Electronica Selection

Future Collider

まだ誰も住んだことがない未来について想像するのは簡単ではありません。新型コロナウイルスが流行する以前の世界では、ソーシャルディスタンスを促す標識が街中にあるような未来を誰もが想像できなかったでしょう。いつの時代であっても街の中にある看板や屋外広告は人々の潜在的な欲望を捉え、標識は社会に存在する制約やルールを示してきました。
Future Colliderはこのような看板や標識を起点に都市の未来を共同で思索する市民参加型のプロジェクトです。本展示では、近い未来に存在するかもしれない標識や看板を参加者と共に考え、それらを拡張現実(AR)のアプリケーションを使って松戸の街に取り付けるツアーを開催します。

2021、拡張現実アプリケーション(Augumented Reality)

It’s hard to imagine a world we don’t yet live in. Before the global pandemic, most of us probably could not have imagined a future where there were signs in the city asking people to keep social distance. Signages in the city captures our desires through billboard advertisements and represents our societal restrictions through signs.
Future Collider is a citizen-led participatory project that uses such signs and billboards as a starting point for collaborative speculation on the future of cities. In this exhibition, participants come up with imaginary signs and billboards that might exist in the near future and install that on the streets of Matsudo with an AR application.

木原共
TOMO KIHARA

アムステルダムと東京を拠点に活動するインタラクションデザイナー/アーティスト。社会とテクノロジーと人間のより良い関係性を模索するメディアの研究と開発を「遊び」の観点から行う。オランダのデルフト工科大学院のインタラクションデザイン科を修了後、アムステルダムに拠点を置く公的な研究機関Waagに参加。その後はモジラ財団や欧州委員会などの国内外の組織と複数のデザインプロジェクトを手がけている。主な展示にレッド・ドットデザインミュージアムでのソーシャルデザイン展(2020)などがある。

Tomo Kihara is an interaction designer and artist based in Amsterdam and Tokyo. He researches and develops interactive media that explores the relationship between society and technology through play. After completing MSc in interaction design from TU Delft(NL), he joined Waag, a public research institution based in Amsterdam. Since then, he has collaborated on several design projects with international organisations such as the Mozilla Foundation and the EU commission. His major exhibitions include the Social Design Exhibition at the Red Dot Design Museum (2020).

彫刻のつくりかた
How to Carve a Sculpture

ビーバーの飼育エリアに角材を設置し、ビーバーに齧られた木を集めた。それらの形状は人体や鳥のようにも見えるが、これはビーバーが堅い節などをよけて齧った結果だとも考えられる。そうであれば、フォルムを作り出しているのは木自体だとも言えるだろうか。

それらの形状を、彫刻家による模刻、CNC切削機械での複製、の2手法でそれぞれ3倍サイズで作り、比較するように併せて展示している。

なお、ビーバーが齧った木の内部にはカミキリムシが複雑な坑道を作っていることが、後になって分かった。その内部構造をCTスキャンを用いて探っている。

2018-2021、可変
木、ヴィデオ、写真

AKI INOMATA

アーティスト。1983年生まれ。2008年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。東京都在住。2017年アジアン・カルチュアル・カウンシルのグランティとして渡米。生きものとの関わりから生まれるもの、あるいはその関係性を提示している。
ナント美術館(ナント)、十和田市現代美術館(青森)、北九州市立美術館(福岡)での個展のほか、2018年「タイビエンナーレ」(クラビ)、2019年「第22回ミラノ・トリエンナーレ」トリエンナーレデザイン美術館(ミラノ)、2021年「Broken Nature」MoMA(ニューヨーク)など国内外で展示。2020年「AKI INOMATA: Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」(美術出版社)を刊行。

AKI INOMATA was born in 1983 and currently lives and works in Tokyo, Japan. Focusing on how the act of creation is not exclusive to mankind, she develops co-creation with non-human species. Her major artworks include “Why Not Hand Over a ‘Shelter’ to Hermit Crabs?”, in which she created city-like shells for hermit crabs, and “I Wear the Dog’s Hair, and the Dog Wears My Hair”, in which the artist and her dog wear capes made out of each other’s respective hair. Solo exhibitions include: Towada Art Center, Aomori, Japan (2019); Kitakyushu Municipal Museum of Art, Fukuoka, Japan (2019); and Musee de Nantes, France (2018). Major group shows include: Broken Nature at MoMA, NYC(2021); The XXII Triennale di Milano” La Triennale di Milano (2019); and Thailand Biennale 2018″ Krabi, Thailand (2018).

血管の音色 Attune

血管の音色:体調を「聴く」プロジェクト
松永研究室の最新の研究から、指先の毛細血管の形はヒトの健康状態を表していて、その形は睡眠・運動・食事・飲酒・といった生活習慣によって変化することがわかってきました。
これを受けて、今回のイベントでは東京大学DLXデザインラボが開発した毛細血管を撮影するシステムとクリエイティブ・コーダーの田所淳氏が開発した画像から音楽を作成するシステムとのコラボレーションにより、自分の健康を音で感じ取るヘルス・ソニフィケーションシステムが実現しました。
顕微鏡に指を置くだけで撮影と音楽の作成ができ、そのユニークな音楽を聴くことで、直感的に体の状態の変化を私たちに教えてくれます。
ぜひこのHealth musicを体験してみてください。

2021年、30cm x 30cm x 40cm
顕微鏡・ディスプレイ・スピーカー

What is your body told you how it feels… with music?
Recent scientific findings from the lab of Prof. Y. Matsunaga has shown that looking at the human capillaries through the lens of a regular microscope can produce useful insights about our overall health and instruct us as to how to sleep better, eat better or drink responsibly.
Based on that exciting research, the University of Tokyo DLX Design Lab developed a system to capture capillaries and creative coder Atsushi Tadokoro developed a system to create music from the images. At this event, with the collaboration of these two systems has resulted in a novel  health-sonification system that transforms the microscope’s images into a music tune – essentially a music of your own personal health status! So all you need to do is put your finger under the microscope, and within minutes you’ll hear a unique piece of music that will tell you something meaningful about your own body. As your physical status changes, so will the music.

松永行子
Yukiko MATSUNAGA

東京大学生産技術研究所 准教授 / バイオエンジニアリング。医学と工学を融合した血管組織工学研究を行う。平成30年度文部科学大臣表彰若手科学者賞。東京大学生産技術研究所DLX Design Lab、ベツァルエル美術デザインアカデミーとともに Attune「血管の音色」2019を発表。

Associate Professor, Institute of Industrial Science, The University of Tokyo / Bioengineering: Vascular tissue engineering research / The Young Scientists Prize from MEXT, Japan (2018) / Attune (2019) collaboration with DLX Design Lab and Bezalel Academy of Arts and Design, Jerusalem