Workshops

時代を切り開く最先端の科学と芸術の研究機関や表現者によるワークショップを行います

The Institute for Cosmic Ray Research
ICRR

霧箱で宇宙線を見るワークショップ!

提供:東京大学宇宙線研究所
会場:松戸市観光協会2階(Feel Matsudo)
日時:10月20日(土曜日) 11:30〜、14:00〜
定員:各先着15名
参加無料

地球には高エネルギーの小さな粒「宇宙線」が降り注いでいる。普段は見えない宇宙線を見てみよう!

Location Map

ICRR

東京大学宇宙線研究所

東京大学宇宙線研究所は、宇宙線の観測と研究とを様々な角度から行っている大学共同利用の研究所であり、宇宙ニュートリノ、高エネルギー宇宙線、宇宙基礎物理学の各研究部門があります。東京大学柏キャンパスにある本部に加え、国内4か所の観測施設(神岡宇宙素粒子研究施設、重力波観測研究施設、乗鞍観測所、明野観測所)と海外4か所の観測拠点(チベット・ヤンパーチンの高原、アメリカ・ユタ州の砂漠、スペイン・カナリー諸島ラパルマ、ボリビア・チャカルタヤ山)で研究を進めています。

www.icrr.u-tokyo.ac.jp

 

写真提供:東京大学宇宙線研究所

Prix Ars Electronica Selection

Space of Imagination

Flower of Time

作品タイトル:フラワー・オブ・タイム
会場:戸定邸(戸定歴史公園内)
日時:10月20日〜21日(参加型作品)

Flower of Timeは、時間についてのイメージと、時間の使い方のアイデアを視覚化した参加型の作品です。
回転速度が異なる時計の針が床の上に置かれています。時計の針の周りには、来場者によって書かれた時間についての様々なアイデアの花びらが置かれています。私たちは時間が一定の速度を持つものだということ知っている一方で、時間に対する感覚は人それぞれで異なり、状況によっても伸び縮みすることを、日常の中で経験しています。
来場者によって作られた時間の花は、私たちの時間と時間に対する感覚を明らかにするでしょう。

Location Map

credit_Nicolas Ferrando, Lois Lammerhuber (1)

Ars Electronica Futurelab​

アルスエレクトロニカ・フューチャーラボは、オーストリアを拠点とするアート×リサーチのためのアトリエ・ラボです。アルスエレクトロニカのシンクタンク部門として、1996年よりアート・テクノロジ・社会についての研究開発を実践してきました。人工知能、ロボット工学、メディア建築、インタラクティブ技術、新しい美学やスォームインテリジェンスなど最先端領域に着目。まだ見ぬ未来へのシナリオを芸術・実験的に具現化してきました。最先端研究成果を社会に向けてアクセス可能にし、その社会的な意味やインパクトの議論を深めるために活動を展開しています。

ars.electronica.art/futurelab

Code for Matsudo

プログラミング ワークショップ

提供:Code for Matsudo
会場:松戸フューチャーセンター(松戸市松戸1307-1 松戸ビルヂング4階)
日時:10月20日(土曜日)
参加無料

IoTでつなげる、かんたん科学装置づくりワークショップを開催します 。

Location Map

Code for Matsudo

私たちCode for Matsudoはコードで地域課題を解決することを目指して活動しています。コードで、とはプログラムを書くことだけではありません。オープンなデータを作る・活用する、ソフトウェアを使って地域課題を浮き彫りにする・解決する、などさまざまな取り組みがあります。地域の方々・行政と一緒になって取り組んでいきたいと思っています。

Joban Art Line

JOBAN アートアンブレラ

提供:Joban Art Line
会場:松戸駅西口
参加無料

Joban Art Lineによるワークショップを開催します

Location Map