会場へのアクセス

<住所>
千葉県松戸市松戸714の1

<徒歩>
JRまたは新京成線「松戸駅」東口下車
徒歩約10分

東口からまっすぐ。プラーレ松戸の交差点で右へ。しばらく歩いてローソンを超える。3つ目の信号を右に曲がる。ちょっと歩くと左側に科学と芸術の丘ののぼり旗が見えてきます。

<車>
無料駐車場有

<バス>
松戸駅からバスをご利用の方はこちらをご覧ください

戸定邸と戸定邸庭園

科学と芸術の丘

いつの時代も、時代の先駆者たちは既存の分野の枠を超えた新しい試みにより、未来を切り開いてきました。

会場である戸定邸は、水戸藩最後の藩主であった徳川昭武により建てられ、当時最先端の造園技術によりデザインされた庭園に囲まれていました。昭武自身も海外で教育を受け、常に新しい文化や技術を取り入れるグローバルな先駆者の一人でした。

2020年は戸定ヶ丘を会場とした特別展覧会やワークショップにご参加いただけます。またオンラインて配信予定のトークイベントは、戸定邸からお届けいたします。

戸定歴史館 Webサイト