【おいしいフードや ドリンクが大集合!*丘のマルシェ】#丘のうえのはなし

2018年10月20日(土)、21日(日)の2日間で開催される、「自然、地球、宇宙」をテーマに、科学と芸術の国際フェスティバル「科学と芸術の丘2018」

このフェスティバルに合わせ、松戸にゆかりがある飲食店が出店する「丘のマルシェ」が開催されます!

 

「丘のマルシェ」には、パンやスコーンなどのスイーツ、スープやパスタなどのお食事メニューなど、多彩なお店が大集合。様々なフードを楽しむことができます。

 

また、複数のお店でコーヒーが提供されます。コーヒーを愛飲したという徳川昭武の住まいが残る戸定の丘で、コーヒーを飲み比べするのもいいかもしれませんね !

 

丘のマルシェの出店者さんには、活動をスタートさせた若手の方も少なくありません。

オープンして1年たらずで、地元の人に愛されるパン屋さんや、日替わりカフェで店主をを務めている方。中には自分たちでDIYをしたお店の店主さんも!

 

みなさん、松戸にお店を構えていたり、松戸で多く出店されるなど、松戸の街を盛り上げたいと思いながら活動している方ばかり。今回初開催となるこのマルシェへ、出店だけでなく様々な面からご協力くださっています。

 

「丘のマルシェ」でユニークなのは、出店者さんだけではありません!今回使っている屋台は、このマルシェに合わせてデザインされたオリジナル。企画・設計してくれたのは、つなぐデザインオフィス」の井澤雄祐さんです。

井澤さんは、八柱にあるシェアアトリエ・クリエイティブスペース「せんぱく工舎」に入居され、設計からDIYのワークショップまでこなしてしまう建築家

なるべく持ち運びやすく手軽に使うことができるよう、使用する材料についても考慮しながらデザインし、製作されています。

 

今後この屋台が、丘のマルシェだけでなく様々なイベントで使われることで、イベント出店によって活動の場を広げたいという思いをもつ人々の支えになってゆけばという思いでつくられました。

出店者だけでなく、屋台などの什器などもこだわった「丘のマルシェ」。このマルシェが、「科学と芸術の丘」とともに、松戸の街を盛り上げていくきっかけになればと思っています。

 

アート鑑賞と合わせて、おいしいフードや空間を楽しみに、丘のマルシェを訪れてみてくださいね!

 

(omusubi不動産 原田)

 

共有: